banner

現物確認

インクの違いの考慮とパンフレット作成における現物確認

現物確認パンフレット作成においてクオリティーを求めるということはもはや常識となっていることでしょう。少しでも顧客の目を引くことが大切だからであり、クオリティーに妥協してしまって本来の目的を達成できなかったら元も子もありません。

しかし、意外に難しいのがフルカラー印刷で最高の出来栄えを追求するということです。印刷に際して画面に表示されているものと出力されたものに差異があるというのはよくあることだからです。もし自前で行っていれば刷りなおしを繰り返すことで改善していくことができますが、外注をする場合にはどういった点に気をつける必要があるでしょうか。

パンフレットはリクルーティングやセールスプロモーションなどの様々な場面で活用される有用なツールです。そのクオリティーの高さを求めるということはツールとしての価値を高めることであり、その重視が常識的に行われるようになってきました。必然的にクオリティーを重視してパンフレット作成をプロの業者に依頼するということも増えてきています。

しかし、印刷業界でしばしば問題になるのが機種依存性などによって画面に表示されているデータと印刷されたものに違いが生じてしまうということです。それによって思った通りのものが納品されなかったというトラブルが多発してきました。

自前で印刷している場合には刷りなおしが容易ですが、業者に大量発注してしまった場合にはその修正はもはやコスト面から不可能になってしまうでしょう。そういったトラブルを避けることが発注の際には必要になっています。

PDFファイルで確認するというのは機種依存性をなくすという意味で良い方法ですが、それによって自前で印刷を行ったもので確認しても納品されたものとは色合いが違うというトラブルが生じる可能性があることには留意が必要です。

インクの違いによって差が出る可能性があるからです。特に通常のオフィスにあるプリンターと印刷会社が利用しているプリンターには大きな違いがあることが多く、必然的にインクの質にも違いがあります。それが原因でトラブルになることも考慮して、印刷された現物確認ができることは重視しなければならないでしょう。

パンフレット作成においてクオリティーの高さを追求するには機種依存性やインクの違いを考慮して現物確認をすることが大切です。そうすることによって確かなクオリティーのパンフレット作成を実現することができるでしょう。

Copyright(c) 2016 パンフレット作成を検討中の方学ぶ部分はどこか教えます All Rights Reserved.