banner

メリットを感じさせる

お客様にメリットを感じさせるパンフレット作成

メリットを感じさせるパンフレットを手に取って見たお客様が行動に移るための、お客様がメリットを感じられるような戦略を、どうやって打ち出すかが重要になります。ただデザインが綺麗なだけだったり、自分の企業の自慢を書き連ねるだけだったりしては、お客様がメリットを感じることはありません。

パンフレット作成はお客様が何か行動に移す気持ちを駆り立てるような仕組みになっていないと、パンフレット作成にかけた経費より大きな収益を得ることができなくなります。
パンフレットはターゲットとなるお客様の気持ちを動かして、初めて有益なものになります。

そのことを踏まえて具体的にパンフレット作成にまつわる基本的な要素について一つ一つ検討していきます。
パンフレット作成にサービスや商品のメリットを訴える内容を盛り込んでいきます。
企画のコンセプトをベースにして必要なページ数やパンフレットのサイズ、形状などといった全体的なデザインを決めていきます。

パンフレット作成では、全体的な色彩やデザイン、レイアウトが大切になります。
パンフレットはその企業の第一印象を決定付けますので、読みにくいものや、色彩やデザインがありきたりなパンフレットならば、お客様に与えるインパクトも薄くなってしまいます。

企業が決めたコーポレートカラーを使ってパンフレットを作るときにも色の配置を換えてみることによって鮮やかな印象になることがあります。
パンフレットの全体的な色の印象や基本的に使う色を統一してみるとパンフレットの印象を引き締める効果があります。

そして色彩と同じくパンフレットに使う文字の書体や文字の大きさをバランスよくデザインすることはパンフレット作成にとって大切なことです。
基本的なレイアウトについてパンフレットのデザイナーと充分に打合せをした後ならば、色彩や文字の書体を決めるのはデザイナーにお任せして何件かの候補案を出してもらうと、結果的に良いデザインのパンフレットが出来上がります。

企業が提供するサービスや商品を魅力的に伝えるという目的があるパンフレット作成は、キャッチコピーなどもとても大切な要素になります。
良いキャッチコピーは付加価値をパンフレットに付けてくれる力があります。

パンフレット作成は、使っている画像やデザイン、レイアウトばかりが気になってしまうことが多いですが、書かれている文章の内容も当然大切になります。
パンフレットに使う文章を初めから考案するときには、プロの記者に依頼するのも良い方法の一つです。

Copyright(c) 2016 パンフレット作成を検討中の方学ぶ部分はどこか教えます All Rights Reserved.