banner

用途は重要な要素

パンフレット作成において用途は重要な要素

用途は重要な要素パンフレット作成の目的や用途については簡単には特定することができませんが、逆に言うと色々な目的や用途に合わせてカスタマイズすることが可能であるともいえます。パンフレット作成を行う会社の業種やターゲットにするお客様によって、パンフレット作成の目的や用途が特定されていきます。

アピールしたいものが商品なのかサービスなのかによりターゲットになるお客様にアプローチする方法は違ってきますが、どちらの場合も営業スタッフが商品やサービスをセールスするときにターゲットとなるお客様に対し購入することやサービスを利用することを促すのが営業用パンフレットです。

営業用パンフレットの構成については、商品やサービスのコンセプトについての説明から始まり、商品やサービスの持つ機能や特徴についての説明があり、他の商品やサービスとの差別性についての説明、商品やサービスの用途や仕様についての説明、価格や写真などで成り立っているのが一般的です。

近頃は単純な営業用パンフレット作成だけでなく、公式サイトからのお客様の要望や反響などを取り入れて営業用パンフレット作成したいという要望が増えています。
このような営業用パンフレットは会社の間で行われる取引だけでなく、集客をサポートしたり、入社希望者へのアピールや、購買意欲の促進などの用途に効果的に利用できます。

パンフレットを利用する場面によってパンフレットの構成は変えていく必要があります。
新規のお客様に対して営業活動をする場合でも、営業スタッフがお客様と対面して説明を行うときに使われるパンフレットと、飛び込みで行う営業で一方的に渡して見てもらうパンフレットでは、果たすべき役割が違ってきます。

役割が違うとお客様に対する打ち出す方法が違うことになります。
また、パンレットを作った側からダイレクトメールで送付する場合とお客様のほうから請求があった上で送付する場合でも異なってきます。
イベントが催されている会場でパンフレットを参加者に持ち帰っていただくようなときには、パンフレットを読んだお客様が問い合わせてみたいという気持ちを促すような構成に組み立てパンフレット作成をする必要があります。

このようにパンフレットの目的や使い道には営業スタッフがターゲットになるお客様にどんな方法で、どんな場所でアプローチしていくかによって、それぞれに適している様々な構成のパンフレットを準備しておく必要があります。

Copyright(c) 2016 パンフレット作成を検討中の方学ぶ部分はどこか教えます All Rights Reserved.